ブログカテゴリ:睡眠



2019/03/10
2019年3月10日(日) 地元うるま市宮里公民館で 区民向けの講演会を行いました! ご好評いただいている 睡眠についての講演会。 楽しく話しさせて いただきました! 当日は日曜日かつ悪天候 でしたが、たくさんの 区民の皆様に お越し戴きました!感謝 みなさま! ありがとうございます!!

2018/05/27
ただいまの時刻 日曜日の夜9時です。 月曜日から始まる仕事や 学校のことを 意識する時間帯ですね。

2018/04/22
ども、院長です。 私が診察で必ず聞くのは睡眠!! 健康かどうかの目安を図るとき とにもかくにも睡眠です! だいたい次の3つを伺います。 (1)寝付きは良いか (2)5~7時間取れているか (3)目覚めは良いか。 この3つをクリアできていれば (1)疲れがとれる (2)生活のリズムがとれる (3)気持ちがリセットできる...

2018/01/15
ども、院長です。 寒くて布団から出られない・・・


2017/02/23
子育て中のみなさん、お子さん寝ていますか? 不登校の子どもの8割は、睡眠に問題があるそうです。 不登校の場合、学校にストレスがあるのではと思いがちですが、睡眠がしっかり取れているか確認しましょう。 以上、子供連れが気になる真夜中のユニオンからお伝えしました! ←そこのお父さん達ーっ、子供を夜連れ回したらだめですよー。

2017/02/21
ども、院長です。 みなさん、眠れていますか? 眠れないとつらいですよね。 寝付きが悪かったり、途中で目が覚めたりすると、「寝なきゃ」と焦ってしまいます。 ただ、眠れないからといって寝床でもさもさしたり、寝返りうったりすると、それが逆に睡眠を妨害する刺激になってしまい、よけいに眠れなくなります。 焦れば焦る程、遠ざかっていくのが睡眠です。

2016/05/19
「疲れがとれません。」 「疲れが抜けない感じがします。」 「朝から疲れています。」 疲れに関するお悩みは、働いている方を中心に多いですね。 中には 「何か疲れをスカッと吹き飛ばすものありますか?」 答えは1つ。 「そんなもの、ありません」 この前お話した通り、そもそも疲れは身体の3大アラームの1つです。 自分を守るための警報装置です。...

2016/02/08
ある患者さんが、不眠とくに途中で目が覚めてしまう事に悩まされていたけど、考え方のコツで良くなったという話をご紹介。 途中で起きたとき、ふと思い浮かぶ考え方を工夫することで、また眠れるようになるそうです。 まずは”夜中途中で時計をみない”。 見てしまうと、またこの時間に起きたとして、かえって習慣になってしまうようです。...

2015/09/24
いまや働く人の2割が夜勤をしていると言われています。 私たちの所に通う方も、夜勤をしている方が多数見受けられます。 心療内科の立場からすれば、夜勤はせずに規則正しい生活をと思いますが、経済的な事情もあり一概には言えません。 ならば実状に合ったアドバイスを、ということで今日は夜勤の人のための睡眠についてお話します。 いきなり答えを3つ。...

さらに表示する