弁当づくりは楽しさザクザク。私がやっている一つの習慣。

キャラ弁を作る医者として、
一部のマニアックな方々に受けている小生ですが
普段のお昼は普通の弁当です。
もちろん持参の弁当です
(弁当男子と呼ばれたい)。

そうはいっても毎日の弁当づくりは大変です。
おかずを3、4種類作らないといけないし
腐らないように冷まさないといけないので
早起きも必要です。
何より、朝のあわただしい時間に料理なんて神の諸行。
毎日の弁当づくりは大変です。

ちなみに私はどうしているかというと
毎週日曜日の午後、妻と一緒に弁当のおかずを
1週間分作ります。だいたい4品か5品。
私が厚焼き卵と肉類の焼き担当、
妻がひじき等の煮物担当。
日曜日の午後なので
二人でおしゃべりしながら
楽しく作ります。

弁当のおかずを仕込みながら
BGMにはNHKラジオ英会話のCDを流しています。
机に向かって語学CDを聞くのは眠いですが
料理しながらだと眠くはなりません。
英語の勉強もできて一石二鳥です。

できた弁当のおかずはある程度冷ましたあと
ジプロックの袋に入れて冷蔵庫保存。

当日朝は
炊いたご飯と冷蔵庫の弁当カップを入れるだけ。

超楽勝です。

こうすることで弁当づくりが毎日続くわけです。
弁当を自分で作るおかげで
体調も良いし、時間もお金も節約できます。
何より楽しいです。

日曜日午後の弁当おかず作り、楽しいですよ。
こんな楽しいこと、
女性だけにさせてはもったいないですよ。
男性陣もぜひ。