ライブはもうひとつの心理療法

元気になりたければライブへ行け。

これが最近の私の持論です。

元気になった患者さんと話をして最近思うのは、
ライブを楽しんでいる方が非常に多いことです。

ライブは音楽や落語、演劇などいろいろありますが
この場合は音楽ライブについてお話します。

「大好きな○○(音楽アーティスト)の追っかけをしています。
もう最高!いっぱい歌っていっぱい笑って
本当にたくさんの元気をもらいました!」

ある患者さんのお話ですが
ライブの様子を話すその表情は
笑顔あふれて本当に幸せそうです。

大好きなアーティストを見て大喜びし
一緒に大きな声で歌ったり
合間のトークで笑ったり
曲そのものに感動して泣いたり。
音響や人の熱気、汗や湿度。
アーティストと観衆の生身の感覚。
そして、終わった後のなんともいえない充実感・虚脱感。

2時間というライブの時間で
人生で体験する喜怒哀楽や
五臓六腑の体感感覚を
しっかり体験できます。

まさにライブはライフ、人生です。

ライブ、おすすめです。

実は私も音楽ではないですが
ライブをやっています。
そのライブとは・・・

続きは次回。