交通安全おじさんへの道 その1

ある朝、いつものように

交通安全お兄さんとして
ボランティアの交通安全指導をしていると、
小学校の校長先生がやってきました。 

校長先生

「交通安全のボランティア指導、お疲れ様です!」

交通安全お兄さん(以下、お兄さん)

「校長先生お疲れ様です。

なあに、これくらいお安いご用ですよ。」

校長先生
「ところで、現在療養中の交通安全おじさんから
預かっているものがあります。
受け取ってください」


お兄さん

「こっ、これは!」

お兄さん「これは毎日早起きができて、

子供たちに挨拶と笑顔の大切さを教えることができる
人徳者にしかかぶることができない
あの伝説の交通安全帽ではないですか!」 

校長先生
「そうです。これを交通安全お兄さんの
あなたに差し上げると言うのです。」

お兄さん

「という事は、私もついに

交通安全おじさんの仲間入りですか?」


校長先生
「いいえ、交通安全おじさんになるためには、
3つのアイテムが必要です。
あなたは交通安全帽を手に入れました。
残るアイテムはあと2つです。」

お兄さん

「それはどこにあるのですか?」



校長先生
「それはあなた自身が見つける必要があります。
頑張ってください。」
さて、交通安全お兄さんは
あと2つのアイテムをゲットし  
交通安全おじさんになれるでしょうか?

続く