更年期は大人の時間

お疲れ様です、徳田です。
更年期障害の講演会依頼があったので
ここしばらくは更年期の勉強をしていました。
更年期障害はどちらかというと婦人科や泌尿器科が担当なのですが、勉強していくうちに悟ってしまいました。

更年期は、美しくて尊くて輝かしい大人の時間であるという事を。

更年期を知れば知るほど、未知の世界が広がります。
今の私(45歳)、自分の更年が来るのを楽しみにしているくらいです。

まず更年期についてお話しましょう。

女性は平均50歳で閉経しますが
更年期とは平均閉経年齢50歳の前後5歳、
つまり45歳~55歳の間を指します。

年齢とともに卵巣が衰え
女性ホルモンが少なくなると
のぼせやほてり、イライラなど
関連した不快な症状が出てきます。
これが更年期症状です。

そしてこの更年期症状がひどく
生活がしんどくなった場合が
更年期障害です。
更年期症状で生活が障害されたという意味です。

一見つらい更年期障害ですが
期間限定であることと
自分を見直す良いチャンスと考えれば
少し気が楽になります。

次回ももう少し更年期について語ります。