相手を攻撃する人は本当は臆病者だ!

職場や家庭で、やたら相手を攻撃する人がいます。

汚い言葉や恫喝、あるいは暴力や陰湿ないじめ。

イヤな人たちですよね。


そもそもなぜこの人たちはあなたを攻撃するのか?


実は人を攻撃する人は、その人自身が弱い証拠です。

「攻撃は最大の防御」

つまり攻撃するのは、自分自身を守るためです。

単刀直入に言うと、”弱虫”です。


自分に自信が無いから

自分に価値が無いから

自分に力が無いから

攻撃する事で相手に恐怖心を植え付け

支配しようとするのです。


本当に○○ですよね

(○○の中には、お好みの否定語を

ご自由に当てはめてください)


そんな弱虫から自分自身を守る方法を3つ。


1つめは、攻撃する相手を観察しましょう。

「動物園で猛獣が檻の中で吠えている」

こんなイメージです。


ライオンが吠えています。

確かに怖いけど、檻の中だから大丈夫。

そのライオンをよーく見ると

どうやらお腹が空いている模様。

なんだ、そんな事なわけね。

ちっとも怖くないです。


2つめは、あなた自身が変わりましょう。

相手を攻撃する輩は、もっと優しくなって欲しいと

願っても時間の無駄です。

なぜなら、攻撃するような連中は

もともとレベルが低く

自分自身を変えようなど余裕はないものです。


なので、あなた自身が変わりましょう。

幸いあなたは攻撃という低俗な手段を

使わなくてここまで来たのです。

変わるチャンスがあるのはあなたの方です。


3つめは、やり返しましょう。

一時期はやった倍返しは、後から4倍返し食らうので

ここではユーモアで返しましょう。

たとえば

「弱い犬ほど吠えるみたい」と

さも一般論をつぶやくかのように告げます。


そこで相手が攻撃してきたら

今度は距離を置きましょう。

議論してはいけません。時間の無駄です。

この人とやり合うよりも幸せで

貴重な時間があなたのために待っています。


世の中いろんな方々がいて大変ですが

攻撃から身を守る術(すべ)を持てば

自分の人生にどっさり豊かな富が

舞い込むでしょう。