レタスとバナナは、睡眠へと誘う最強のコンビだ

みなさん、眠れていますか?
もし眠れてなければ、心療内科や精神科でご相談
というところですが
今回は、眠れるようになるための
食事について提案します
(注:眠剤やその他の医療行為の代替では
ありませんのでご注意下さい。
また効果には個人差あります)。

眠れるための食材。
今回は2つご紹介。
それは、レタスとバナナです。


まずレタスから。

レタスの中に
ラクチュロピクリンなる
可愛らしい名前の物質があり
これが眠りを誘いやすくなると言われています。


レタスの白い部分に多く含まれています。
レタスを切ったとき、ぴろりっとあふれる
白い液体がありますよね?
それがラクチュロピクリンです。


もう1つはバナナです。
バナナはビタミンB群が豊富に含まれております。
このビタミンBは、神経の修復に使われます。
寝ている時に脳みそは自分を修繕しますので
その材料になるビタミンBは必要になります。


ただし睡眠の効果を得るためには

レタスとバナナを大量に取る必要があります。

寝る前にそんなにたくさんは食べられませんよね。


この2つの材料を、

”お手軽に”かつ”がっつり”戴くために
レタスとバナナをスムージーにする方法をお勧めします。


スムージーは私が今行っている
ダイエット法です。
私は2ヶ月で4キロやせました。
この話はまた後日。

眠れなくてお悩みの方、
レタスとバナナのスムージーはいかが?