慰霊の日

凛とした静寂の中に、セミの鳴き声と太陽の照りつける音。
生命の鼓動を感じるこの瞬間。

本日6月23日は、沖縄県は慰霊の日です。


ちょうど70年前、沖縄では戦争で激しい地上戦があり、20万人の方々が亡くなられました。
その御霊を慰めるために、沖縄では毎年6月23日は県と学校は休みです。
そして正午には1分間の黙祷を捧げる事になっています。

当院は県の官公庁ではないので診療は通常通りです。
正午の1分間黙祷は、すでに朝礼の時に行いました。
その1分間の黙祷で感じる事ができたのが、冒頭の静寂と生命のせめぎ合いです。

沖縄は基地や安保の問題で揺れています。
本土の方々から見たら、いったい何がしたいの?というご意見もあるかもしれません。

でも難しい事はいいません。

私たちはただ、平和を望んでいるだけです。
ただそれだけ。