反骨心はあなたの人生のベストパートナー

人が大きな夢を実現するときに必要なものの1つが”反骨心”です。


逆境にいても、つらい状況になっても、”負けてたまるか”という気持ちをいかに持ち続けるかが大切です。

私は中学高校と進学校に進みました。
しかし勉強が特にできたわけではありません。
また周りには本土から集まった優秀な生徒が多く、席次が130人中125番目という悲惨な状況でした。

ある日、学校の三者面談のこと。
この席次(125番)で国立大学の医学部行きたいというと

「お前、あほちゃうか?(原文のまま)」

と学校の担任に言われました。
その後もしょっちゅう言われました。
もっと志望校を下げよ、医者以外の人生もあるよと

ことあるたびに言われました。

でもあきらめませんでした。

当時は生活が大変な中、医学部に行きたいという私のために、両親が必死に働いて学費を工面してもらったという事情があります。
成績が悪いから、あぁそうですかと泣いて沖縄へ帰る訳にはいきません。

「このままバカにされたくない。
いつかこの先生を見返してやりたい」

そう思い続けた中学高校時代。

とにかく必死に勉強しました。
結果的には、地元の琉大医学科に合格しました。

合格した翌日、その先生に電話報告したら
「君が医学部受かるなんて、思いもしなかった」
という、ありがたいイヤミもいただきました。

このときは、ちゃーやが(どうだ!)と思いました。

この瞬間、私のリベンジは終了。

今ではその先生に感謝しています。

 

この経験を元に
その後も”負けてたまるか”の精神を持ち続け医学科の勉強を猛進。
最後の卒業試験では、上から数えた方が早い席次になりました。

もしあなたが、自分より上の人や周りからバカにされたりひどい事言われても、自分の夢だけは決してあきらめてはいけません。
むしろ言われた事を感謝しましょう。
人からひどい事を言われれば言われるほど反骨心は沸き上がるし、

反骨心があればあるほど、人はものすごい力を発揮します。

他人から言われてへこみっぱなしになるか
反骨心で逆境をバネにするか

どれを選ぶかはあなたの自由です。
私なら後者をとります。
なぜなら反骨心は人生のベストパートナーですから。