今やるべきことに集中すれば、あなたも北条時宗になれる!?

鎌倉時代、日本は実はかなり危ない状況でした。

元寇(モンゴル帝国)が日本を侵略しようとしていたのです。

当時の元は強大な力を誇り、
時の鎌倉将軍北条時宗は元寇とどう戦えばよいか悩んでいました。
そこで高名な禅のお坊さんに相談しました。
そのお坊さんが示した言葉がこれ。

莫妄想(まくもうそう)
=妄想するなかれ

です。

過ぎたことや先のことを思い悩まず、
今やるべきことに集中せよ


という意味です。

この教えを受けた北条時宗は
見事元寇を退け、国を守りました。

うまくいくかどうかは
やってみないとわからない。
考え抜いたアイデアを
自信を持って集中して実行するしかない。

何か大きな決断をするとき、
私はこの言葉に幾度も救われてきました。
これからも”今”に集中して困難を切り開いていきます。

目指せ、北条時宗。