なぜ人は眠らなければならないのでしょう?

皆さん、寝ていますか?

大切だとはわかっていても、つい後回しにしてしまう睡眠。

今週はその睡眠について詳しくお話ししていきます。


□疲れは心身からのメッセージ

 心身に危機が迫っているとき、私たちには3つのアラームが備わっています。

”発熱”と”痛み”、そして”疲れ”です。


 感染症などにかかると熱が出ます。

これは身体が「いま、ばい菌と闘っているから今日は休みなさい」とメッセージを発しているのです。


 痛みも同じです。

身体が痛みを感じていると、「今腰が痛いんだから、少し安静にしてくださいよ」と身体がメッセージを発しているのです。


 発熱と痛みは、割と私たちは速やかに対応します。

しかし疲労はどうでしょう?


疲れていても、「気合いと根性でなんとかなる」と思ったり

「栄養ドリンクを飲んで疲れを吹き飛ばしてしまおう」など

ないがしろにしてしまわないでしょうか?


疲れはそのままにすると蓄積し、集中力や判断力が低下します。

ほおっておくと仕事や家事にも影響しますし、こころや身体の病気を引き起こすきっかけにもなります。

日本人のおよそ60%が疲れを感じている現在、疲れを解消する事はとても重要な事なのです。


火曜日に続く