眠りは最初の3時間が勝負!

 睡眠は最初、深い睡眠(ノンレム睡眠)から入ります。続いて浅い睡眠(レム睡眠)になり、90分周期で深い眠り、浅い眠りを繰り返し、やがて目覚めを迎えます。


そして眠り始めの3時間に、睡眠にとって最も重要な物質である、成長ホルモンが脳から分泌されます。この成長ホルモンは子供だけでなく成人でも分泌されます。成人の場合はストレス等で傷ついた細胞や組織、筋肉を修復させます。成人は睡眠を取り成長ホルモンが働くおかげで身体を回復させることができるのです。


 この成長ホルモンは、眠り始めの 3時間にしか出現しません。

つまり、身体の疲れを癒せるのは眠り始めの3時間だけなのです。