時代おくれ 自己紹介バージョン

時代おくれ

わたしの自己紹介バージョン


この文は、できれば河島英五の名曲”時代遅れ”のメロディでお楽しみください。


1日3回、スムージー

さかなはなるべく、青魚

カルテが来たなら、微笑んで

助言を1つ、述べるだけ。


妻には文句を言えません。

子供にグチも言えません。

ローンは山ほどあるけれど

バイトもしながら返済中。


目立たぬように、はしゃがぬように

空気を読むのは、人一倍(ひといちばい)。

人のこころに寄り添えられる

時代おくれのドクターになりたい


以上、スタバからお送りしました。