誰でも1つはどうしても譲れないものがある。私の場合はこのプラスチックコップ

人って、こだわりの一品というか、これだけは誰にもゆずれないものってありますよね。
かく言う私もその一人。
私の場合は、このプラスチックコップ。

朝にクリニックの駐車場や周辺を掃除したあと、ノドが乾きます。
そこで水分補給をしますが、そのとき使うのがこのプラスチックコップ。

私はこのプラスチックコップを必ず使います。


もちろん当院にも他にコップはありますが、私は水を飲む場合、このプラスチックコップじゃないといけないのです。

適度な大きさ、軽さ、プラスチック特有の清涼感。

どれも手にしっかりにじんで、私のこころをわしづかみです。


なのでこのプラスチックコップ、毎回洗って毎回使い続けています。

本来は使い切りのコップですが、延々私に酷使されています。

 

実はこのプラスチックコップは2代目です。

初代は誤ってひびが入ってしまいました。

それでもセロテープを貼って使い続けていたのですが、ある日捨てられてしまいました。

私はたいそう落ち込んでしまいました。

その後スタッフが気を遣ってくれて、この2代目を使う事になりました。


プラスチックのため強度はほとんど無いですが、丁寧に扱ってこれからもずっと使い続けようと思います。

以上、クリニックの休憩所からお届けしました。

(313文字)