ライフハック!私の英語勉強法

ちょっとだけ生活が豊かになるコツを紹介するライフハック。
今回は英語の勉強法、特にリーディングについて私の勉強法をお話しします。

英語とくに長文を読むのって大変ですよね?
なぜ大変かと言うと、次の3点に絞られます。

(1)本文の内容に興味がもてない
(2)最後まで読むための集中力が続かない
(3)わからない語彙が多い

ではこの3つを克服するために、私がしている方法をご紹介。

私は英字新聞で英語を勉強しています。

英字新聞もいろいろあるけど、昔からTheJapanTimesを購読しています。

ざっと新聞を広げ、ここがポイントですが
自分が興味があり、かつ短めの記事を選びます。

今回はサッカーブラジル代表、ネイマール選手の巨額脱税の記事を選びました。

続いて同じ内容の記事を、日本語の新聞サイトから検索します。
今回は、これまた愛読している日経新聞から引用しました。

そしてこの日本語記事を印刷します。
その日本語記事をしっかり読みます。
日本語ですから繰り返して読んでも楽勝です。

日本語の内容が頭に入った時点で、いよいよTheJapanTimesの記事を読みます。

すると、あら不思議!?

英字新聞からすいすい頭の中に情報が流れ込みます。
そりゃそうですよね、事前に日本語で記事の内容を抑えていますから。

ここが肝心なのです。
英語の記事を読む場合、あらかじめ内容を知っていた方が記事を読みやすいです。
1本の記事を読み終えると、とても自信がつきます。

そうです、英語学習にとって大事な事は”自信を持つこと”です。

英語の記事を1回黙読したら、今度は音読しましょう。
外国人のアナウンサーになりきって、英語を堂々と語りましょう。
私は、NHKラジオのNHK World Newsのキャスターのマネをしながらやっています。

時間があれば、わからない単語をチェックしましょう。
わからない単語が出た場合、普通は英和辞典でひく事が多いですが、できればその後、英英辞典で同じ単語を引いてください。

英語の会話で大事なことは、知らない単語を他の言葉に”言い換える”ことです。
この”言い換え”がどれだけできるかが、英語の力になります。

ただし単語帳は作る必要はありません。
勉強した気になって安心してしまい、肝心な覚えることがおろそかになります。
英語学習の第一人者、安河内(やすこうち)先生がおっしゃっていました。

最後に、英語記事で大事な1行を手書きします。
これで手に英語をなじませます。

この方法なら、目・耳・口・指先・鼻の、五感全て使うので頭にビシバシ入ってきます。
このやり方なら、英語の”読み”と”書き”が鍛えられます。

市販の英語教材よりも楽しいですよ。
なにせ、自分で作る教材ですから。

以上、食卓からお届けしました
(我が家では勉強は食卓で行います)。

(1029文字)