産業医は診療行為を行うのか!?答えは”NO"

週1日、産業医をやっています。

職員希望での産業医面談があります。
ご自分の不調や困り事についての相談です。

その際、
「調子が悪いし本当は話を聞いて欲しいんだが、仕事が忙しく土日もないため病院にもいけない。
なら、週1回来る産業医に(診療行為として)診てもらおう。
ついでに(いやな)上司の事も伝えて、産業医から人事を動かしてもらおう」
という方もいます。

結論からひとこと。

産業医は診療は行いませんし、人事権も人事を動かす事もありません。
あくまで”健康に関する相談業務”のみです。
診療は医療機関が、職場の人間関係は人事が行います。

この境界が曖昧になると、本人や周りが非常に混乱します。
仕事は仕事、自分の健康管理は個人で、と切り分けないと、妙な期待や失望、怒り等の負の感情が発生します。
それは結局、職場全体に広がり結果的に損になります。

お忙しいのは重々承知ですが、こころや身体の不調を感じたら医療機関にかかりましょう。

以上、産業医顧問先からお届けしました!!

(450文字)