大舞台に立つ人には「頑張れ!」ではなく「楽しんでね!!」が正解

生きていると人生の岐路なるところがいくつかあって、直面すると緊張してしまいます。
なんとか乗り越えようと、人は奮闘していきます。

そういう方々に、つい「頑張って」と言ってしまいますね。
しかし私は、頑張るという言葉は使いません。

既にその人は頑張っていますし、なんだか見放している気持ちになります。

それよりも「楽しんでね」と、声をかけています。

人生の岐路のような大舞台は、滅多に経験できるものではありません。
そのチャンスに巡り会えた事に感謝をしつつ、独特の緊張感を楽しんでくれたらと願います。

以上、玄関先からお届けしました!

(305文字)