不眠症を克服した方から聞きました!途中で目が覚めてしまった時のちょっとしたコツ

ある患者さんが、不眠とくに途中で目が覚めてしまう事に悩まされていたけど、考え方のコツで良くなったという話をご紹介。

途中で起きたとき、ふと思い浮かぶ考え方を工夫することで、また眠れるようになるそうです。


まずは”夜中途中で時計をみない”。

見てしまうと、またこの時間に起きたとして、かえって習慣になってしまうようです。

続いて「目が覚めてしまった」ではなく
「また眠れるよ」と自己暗示をかける。

これ、意外と効果的なのだそうです。

最後にリラックス。
途中で起きても、手足をぐーんと伸ばしてリラックス。
頭は起きているかもしれないけど、身体はリラックスしているイメージを思い浮かべるそうです。

最近の睡眠剤は、睡眠導入剤といって寝付きに重きをおいている薬が主流です。
寝付きの薬なので、飲んで最初の4、5時間で効果は切れます。

途中で起きてしまったとき、この3つのコツを知っていると楽ですよ。

以上、診察室からお届けしました!!