こうなれば定期的な通院は卒業! 私が考える治療ゴール

症状が落ち着いた患者さんから
「病気もだいぶ良くなったんだけど、いつまで通院したら良いのでしょうか?」
という質問を受ける事があります。
例えばケガや皮膚病なら、見た目で治っているかどうかわかりやすいですよね。
医師も患者さんも、お互い目で見て確認できるから、まだ治っているとかそうでないとか双方納得しやすいです。
でも、こころの病気の場合はちょっとだけ予想が難しい。
なぜなら、こころの病気はストレスをきっかけにぶり返す場合が多いからです。
今はお薬を飲んでストレスは無くても、この先どんなストレスが来るかわからない。
病気の予測というより、未来の人生予測に近いので、明確に治療のゴールを定めるのは難しいです。
そんな中、私は治療のゴールがをこのように決めています。
普段は

食事
運動

漢方薬で調子を整え

たまに眠剤や安定剤を頓服で利用する

という状態になれば、一応定期的な通院はしなくても良い
つまり治療ゴールだと考えます。
これはあくまでも一例です。
参考にして下さい。
 
以上、診察室からお届けしました!!