このネーミングおかしくないですか?”覆面パトカー”

ある呼び名またはネーミングがあって、それが実情を正確に現していないものってありますよね?


たとえば”オレオレ詐欺”。

オレオレ詐欺は当初、電話口で最初に「おれ、おれ!」と一人称を繰り返すのでオレオレ詐欺という名前でした。
しかし手口が巧妙化し、だますやり方も変わって行き、オレオレという呼び名が実情に合わなくなったので、”振り込め詐欺”という名前に変わりました。

これは見事なネーミング変更だと思います。あっぱれ。


しかし、みなさん。

もう1つ、実情にあっていないネーミングがあります。

それは

”覆面パトカー”

覆面パトカーとは、警察車両ではあることを隠し、捜査活動をする車両の事です。

パトカー特有の白黒ツートンのカラーリングや赤色灯ランプは固定せず、見た目は普通の一般車両です。


でもみなさん、一度は経験あるでしょう。

覆面パトカーと聞いて

覆面をしている警察官が運転しているクルマ
を想像したことを

 

安心してください、あなただけではありません。
私も、うちのクリニックスタッフも思ったことありましたから。


でもこれ、呼び名がやはりおかしいと思います。
覆面パトカーといえば、誰だって覆面している人を想像しますよ。

これ以上、日本国民が覆面パトカーの呼び名で恥ずかしい思いをしないために、国民を代表として提言。

覆面パトカーのネーミングを変えましょう!

候補として

”なりすましパトカー”

は、いかがですか?

えっ、だめ?

以上、クリニック休憩室からお届けしました!!

(625文字)