"疲れ”は万病の元!!軽んじてはいけませぬ!!

こんなご経験はないですか?
実はですね
これらの症状は、身体が”休め”と言っている警告サイン。
もともと身体や細胞は、ストレスで傷ついてしまいます。
その修復のために、運動や作業を一時的に止める必要があります。
疲れは、”細胞を治すために休憩させてくれ”という、身体から脳へのメッセージ、ひらたく言うと”ストライキ”だったわけです。

なので、疲れている時は観念して休みましょう!
疲れをとる方法は後日。

以上、休み明けの職場からお届けしました!!