生協組合員でもない私が勝手にお勧めする”生協に来たらこれは買っておけベスト5” ~のむヨーグルト~

一部の人に熱狂的に受けているこのコーナー。
今回は”のむヨーグルト(1本178円)”。

みなさん、”コクがあるのにキレがある”という言葉をご存じでしょうか?

うまみをたっぷりと含むと”コク”がでます。
しかしあまりコクがあると、うまみ成分の濃度が高まり、口からのどにかけて流れにくくなります。

逆に食べ物が口から喉を通る時の通りやすさは、”キレ”で表現します。

コクとキレは相反するもので、どちらかに偏ってしまいます。

しかしこの、のむヨーグルトは違います。

基本は濃厚なヨーグルトなのでコクが満載ですが、不思議と飲み易さもあります。
炎天下、のどが渇いた時はヨーグルトは飲みにくいものです。
しかしこの”のむヨーグルト”は違います。
サハラ砂漠で放置されて喉がカラカラでも、ぐいっと飲めますしその喉ごしもすっきりします。

このヨーグルトの神髄は、
コクとキレの絶妙なバランスで成り立っている事です。
こってりとした濃さだが、喉ごしはすっきり。
つまりコクがあるのにキレもあるというわけです。

一見相反する事象が、自分の口の中で繰り広げられます。
この現象を文字で表すとするならば、やはり”奇跡”でしょう。
その奇跡を起こすのが、この”のむヨーグルト”なのです。
はっきりいって、そんじょそこらの飲料系ヨーグルトとは次元が違います。

普段の生活の中で、奇跡を体験したい方。
のむヨーグルトをぜひご賞味ください。

以上、こーぷおきなわからお届けしました!

(616文字)