なぜ学会に参加する?たった一つの理由

全国規模の学会に参加するためには、それなりの覚悟が必要になります。

とくだ心療内科は医師が私1人しかいないので、学会に出るなら休診にしなければならず、この時点で既に患者さんに迷惑をかけてしまっています(いつもすみません)。

自分の時間も無くなります。
本土から沖縄へは距離があるので、移動するだけでも時間かかります。
学会はだいたい木曜日から始まりますが、朝8時半スタートです。
沖縄からだと前日から現地入りせねばならないので、他の本土のドクター達と比べ1日余分に必要になります。
その間家を空けなければなりません。
そうすると家事できなくなるので、妻にも負担かけてしまいます(家事分担は我が家の憲法)。

当然費用もかかります。
最低限、飛行機代と宿泊費がかかります。
細かい事言うけど、QVCマリンスタジアムの自販機飲み物が250円には衝撃だった!
沖縄では探せば90円で買える飲み物。
地元の卸の店に行けば、48円で買えます。
何この格差。
本土は物価高いなぁ。

このように全国学会に参加する時は、江戸時代の参勤交代並の大変さがあります。

でも自分の時間や財をなげうってでも、得たいものがあります。

それは向上心。

最新の知見や最高の先生達の話を聞いて、まず自分の頭の中でぶっ飛びます。
このままで満足してはいけない。もっと勉強しよう。
この向上心を燃やし続けることが、ずっとこの仕事をしていくために必要なのです。

以上、日本精神神経学会の会場からお伝えしました!

(564文字)