こんなに地域に愛されている病院ってあるのだろうか!?平和病院のお祭り行ってきたよ

今月から土曜日は休診です。
そのおかげで、普段からお世話になっている平和病院のお祭りを訪れる事ができました!
とくだ心療内科は外来オンリーで、入院施設がありません。
その為、入院が必要になる場合は他の医療機関をご紹介、になります。
平和病院と当院は直接の関係は無いのですが、どんなに急なお願い、大変なケースでも本当に快く引き受けて下さります。
これってすごい事です。
自分達病院の事だけでも大変なのに、他の患者さんまで引き受けて下さる。
これも平和病院院長先生やスタッフ皆さんが、オープンな気持ちで接してくれるからなのでしょう。
「イチャリバチョーデー(一度出逢ったら皆兄弟)」を肌感覚で実践してくれる提携先です。
ありがたやー
それにしてもスゴイ数!!
通常病院のお祭りは、利用している患者さんやそのご家族、病院の職員が勤務でってな感じなので規模はそれなりなのですが、平和病院のお祭りはもう、うるま市の年間行事レベルではと思うくらいに人がたくさんいます。
なぜ人が多いかと言うと、地域としっかり密着しているからです。
近くの団地や住宅等から、たくさんの方々が来ていました。
これも地域の方々から受け入れられている証拠なのでしょう。
子供たちもたくさん来ていました。
キッズコーナーでは金魚すくいや輪投げ等、お祭りならではの遊びもたくさんありました。

特に良かったのは、アルコール類一切禁止という事。
お祭りでアルコールというと、一部の人達が変な盛り上がりを見せ、周りがひいてしまう事がありますが、平和病院の祭りは純粋にお祭り自体を楽しめます。
本来、祭りはこうでなくちゃ。
ちなみに病院スタッフにご挨拶に伺ったら、こんなにスゴイお弁当戴きました。
焼き鳥や焼きそば等、祭りの食べ物が1つにそろったお得なお弁当。
この弁当を販売したら絶対売れるのではと、ついよこしまな考えをしてしまいました。
という事で、初の土曜日休みの時に伺った平和病院盛夏祭。
最近診療ばかりで、なかなか連携先との交流が少なくなっていましたが、今回みたいに自分も楽しみながら連携図っていきたいと思いました。

以上、平和病院盛夏祭からお伝えしました!