スポーツは勝ち負けが大事では無い事を、この際はっきりと申上げよう

気がつけば、今月はオリンピックと高校野球、プロ野球とスポーツ花盛りの月なんですね。
新聞のスポーツ紙面が、いつもよりページ数多いです。
スポーツとは、当たり前かも知れませんが、勝ち負けを決めます。
普通、自分たちの人生には勝ち負けの区別はないのですが、スポーツではどの競技ても一定のルールを決め、その中で勝敗を競い合います。
普段の生活では見られない、勝つか負けるか、白か黒かの考えパターンが必要になってきます。
でも、この勝つか負けるかと言う思考パターンは、メンタルヘルス業界の我々からすると、ちょと危険な考え方です。
勝つか負けるか、白か黒かの考えは二分思考と言います。
この思考パターンは自分を追い込みやすく、失敗や負けを否定的なものとしか扱えなくなります。
私は、スポーツは勝つか負けるかという結果よりも、勝利のためにどれだけやってきたか、どう向き合ってきたかというプロセスの方が好きです。
高校野球で言うならば、アルプスリポートみたいな、練習や普段のチームの事などのリポートが好きです。
正直、勝ち負けはどうでもよく、勝利を目指してどこまで頑張ってきたかと言う、白でも黒でもない、いわば中間色パステルカラーの考えが好きです。

スポーツは勝ち負けにこだわらずに試合そのものを楽しんでみてはいかがでしょうか?
以上、高校野球観戦前からお伝えしました!(沖縄県代表の嘉手納高校が初戦突破したようです。おめでとう!嘉手納高校!