圧倒的な破壊力のポスターがここに!!9月9日は救急の日!

なんだこれは!!!

 

今日は那覇市役所でメンタルヘルス研修会。

会場に向かうと、ひときわド派手なポスター!!

なにこの超インパクト大のポスターは!!

要は9月9日は救急の日、という内容なのだが、見る人の心を奪ってしまう。

そして1枚のポスターの中にストーリーができている!!

救急の鉄則は、とにかく人を集める事!

救命措置と救急車要請は同時にできないので、他の人に救急車を要請してもらうのはナイス。

ちなみにお願いするとき、「119番(ひゃくじゅーきゅーばん)お願いします」というより、

「119(いちいちきゅー)お願いします」と依頼すると、救急を要請する人は慌てずに電話ができます。

こんな時って、救急車を呼ぶ人も緊張しますから、電話番号の数字は区切って言うのがコツ。

倒れている人がいたら、まずは意識があるかどうか確認。

なければ口元に耳を澄ませて呼吸をしているか、頚動脈に触れて脈があるか。

どちらも無ければ、迷わず心臓マッサージへGO。

 

以前はマウスツーマウスの人工呼吸を推奨されていましたが、今は心マが優先されるみたいです。

私は一応、ハンカチを持ち歩いているので、マウスツーマウスの心準備はしています。

それにしても、この心臓マッサージしているヒーロー、普段からマスクをしているのだろうか・・・・。

関係ないけど、一緒に心マ手伝っている犬が可愛い。

AEDはぜひ一度、使っておきたいですね。

訓練の時に使うのと、本番では緊張感が全然違いますから。

音声ガイダンスが流れますので、落ち着いて行動すれば大丈夫です。

この女性もマクドナルドの店員さんみたいでナイス。

救急隊の誘導もお願いしたいですね。

救急隊員も時間との闘いですから、効率よく現場に誘導していただきたいです。

救急蘇生の現場は怖くて近寄れないかたでも、せめて救急隊員が速やかに現場に駆け込めるように、たとえば車をどかすなど配慮していただきたいです。

ちなみに救急隊員が一番聞きたい情報は何かと言うと”時間”です。

何時何分に発見したか?何分間意識や息をしていないか等、時間の情報が重要になります。

なので、人が倒れていると緊張するけど、時間も意識してください。

この高校生のお姉さんも格好良い。

ということで、アメコミ風で破壊力爆裂のポスター。

いかがでしたでしょうか?

 

9月9日は救急の日ということで、充分知れ渡ったのではないかと思います。

講演会前なのに、ロビーに立ち止まってずっと見ていました

(ブログ載せるために写メってたら、変な目で見られた)。

 

ちなみに私は、非番の時にこのような救急の現場に4回遭遇したことあります。

お休みの時でも仕事しています。

まぁ今日みたいに、休診日でも産業医や講演会しているくらいですからね。

いつ穏やかになれるのでしょう・・・

 

以上、那覇市役所ロビー前からお伝えしました!!