不安な気持ちはどうしたら良いのでしょうか?あ、それ、私が解説します!

今日は”不安”について考えてみましょう。
不安。

不安な気持ちって、なんだかマイナスなイメージがあるじゃないですか。
お金の不安・人間関係の不安・将来の不安
(私は今、ソフトバンクが優勝できるかどうか不安です)。

このように、なんとなく負の印象強い不安感ですが、実は人間にとって大事な感情です。

不安な感情があるからこそ、将来に起こり得る危険を回避する事ができるのです。
人間は感情で動きますから、自分にとって危険を感じると不安な感情を作り、自分の行動を決定します。

不安感とは、自己防衛プログラムの1つなのです。

しかし、今の世の中不安な事だらけ。
最近はこの自己防衛プログラムも稼働しすぎて、あふれかえっているのです。

では不安を抑え込むためにどうしているか?

医療現場では、主に抗不安薬などの薬治療が行われてます。
また一部では、認知行動療法が行われます。
不安な感情を引き起こす考え方を修正していく治療法です。

でも実は、もっと良い方法があります。

それは
不安そのものを受け止めてみましょう!
不安な気持ちを無理に抑え込もうとすると、薬を飲んだり無理に考え方を変えたりして、かえって辛くなります。
ならばいっその事抵抗せず、不安そのものを受け止めてみましょう。
そうすると、実は不安という感情は、自分に対して思ったほど危害を加えない事がわかります。

大事な事は不安な感情としっかりと向き合い、そこから何かを学び取る事です。
むりに不安な感情と対立することはありません。
それはエネルギーの無駄につながります。
むしろそのエネルギーは、問題解決のために使った方が良いです。
不安は友達!!
不安感ばんざーい!!←それは違うだろ

以上、スタバのイオンライカム店からお伝えしました!!

(773文字)