産業医と主治医の違いって何?両方やってる私が解説します

「産業医と主治医って、同じ医者だけど違いって何?」
と言うご質問を結構受けるのでお答えします。
まず、産業医がいるのは職場です。
この職場とは、ビジネスと言う名の格闘技が繰り広げられる所です。
ボクシングで言うなれば、リングにあたります。
そのリングでは、あなた(労働者)と職場ストレス(上司や仕事関連のストレス)とで、ビジネスとしての闘いが行われます。
その際、両者の間に入ってビジネスと言う格闘技が適切に行われているか、ジャッジするのが産業医です。

仕事でストレスがかかるのは当たり前です。
ですが産業医は、労働安全衛生法と言う法律に基づいて、職場の負荷は適切かどうか、また労働者は健康に働けているかどうかチェックします。
もし労働者が過労で働けないと判断したら、労働をストップさせる役割があります。
一方、ビジネスで消耗したあなたをセコンドでサポートするのが主治医です。
ビジネスで健康を損ねていないか、ビジネスで闘えるようアドバイスをしたり、励ましたりします。
ただ、メンタルヘルスの不調で働けないと判断したら、休職が必要と言う旨の診断書を書きます。
これはちょうど、ボクシングでタオルを投げて、試合を中断させるような感じです。
そしてまたビジネスの場で働けるように、健康を回復させ、仕事のストレスに対しての対応を考えたり、助言や励ましをします。
あなたと言う労働者のベストサポーターです。
ここで大切な事は、レフリーである産業医も、セコンドである主治医も
あなたの仕事の肩代わりはしない
と言う事です。
産業医が上司を注意したり異動させたりはもちろんしません。
主治医も、診断書に「職場の人間関係が悪いので改善するように」とは書きません。
職場と言う神聖なリングに立ち、ビジネスと言う格闘技を通して困難を乗り越えるのは、当事者である労働者、つまりあなたなのです。

産業医も主治医も、ビジネスのプレーヤーは応援します。
ぜひ自分達の困難は、自分達で乗り越えて下さい。
以上、産業医訪問先からお伝えしました!