「忘年会なので飲酒してもいいですか?」問題について考える

 おくすりの治療を受けている方から、よくある質問。
 「忘年会や新年会があるので、(くすりを飲んでいても)お酒は大丈夫ですか?
 それに対する私の回答はこれ。
 「おくすりの治療を受けている方は、お酒を控えて下さい。」
なぜ治療中の方は飲酒が御法度なのか。
ひとつめは、アルコールとおくすり(安定剤や眠剤)が全く合わないこと。
どちらかの副作用が高まります。
薬の副作用が高まれば肝臓の働きを弱めますし、アルコールの副作用が高まれば異常な酔い方をします。
普段通り飲んでいたのに、泥酔して覚えていない等です。
記憶の無い行動を取る可能性があり、トラブルになりやすいです。
ふたつめは、アルコールそのものがメンタルヘルスの不調、特にうつを悪くすると言われています。
アルコールを飲んで、酔って嫌なことを忘れたい。
酔っている時は忘れる事ができても、酔いが覚めるとよけいに落ち込む。こんな経験はありませんか?
アルコールは病気をさらに悪化させます。
なので治療中は飲まない方が良いです。
「1杯だけならいいでしょ?」
とか
「乾杯だけならOKでは?」
とか
「バドワイザーはビールじゃないからいいでしょ?」
とか、
なんとか医師からアルコール摂取OKの許可を取れるよう、質問を値切る方もいます。

でもたいてい、アルコールは1杯だけでは止まりませんよね。
また「医者がアルコール1杯だけならOKと言っていた」として、気持ちが大きくなって1杯では止まらないケースがほとんどです。

そもそもアルコール摂取は”自己責任”です。お忘れなく。

まとめると

とくだ心療内科では、内服治療中はアルコールを一切勧めていません。
内服中ということは、まだ不健康という意味です。
アルコールは健康をしっかり取り戻してからお召し上がりください。

以上、診察室からお伝えしました!!