精神科医を悩ます言葉。それは〟ていうか〝

ある診察室の風景。

 

私「(患者さんの大変だった出来事を聞いて)

それはつらかったですねぇ。大変でしたでしょう?」

 

Aさん「大変だったっていうか、難儀だったです」

 

わかりましたか?この微妙な食い違い感。

 

このようなやり取りは意外と多いです。

私たち(精神科医)の仕事は、患者さんのその時の気持ちを”言葉で”シンプルに言い当てる事です。

自分の気持ちとぴったり合った言葉を言ってもらえると、まるで合い鍵を見つけた扉のように、すっと開きます。

こころの扉が開く瞬間です。

 

その合い鍵になり得る言葉を見つけるのが、私たちの仕事です。

 

しかし、たまに難易度の高い方がいて

「こんな気持ちなのでは」と思っていった言葉が、本人の気持ちにぴったりハマらない事があります。

 

「そんな時は不安な気持ちになりますよね」

「不安というか焦りです」

 

私の方が焦ります、この微妙な食い違い感。

 

(焦っていない風に装うのも技術です)。

そして違っているよという意味を示すのが”ていうか”。

この言葉は実は結構ツラいです。

まだまだ自分の力量不足を実感。

 

なので、日々精進。

 

皆さんの心の扉を開けるカギ探し奮闘中です。

目指せ、カギ職人。

以上、クリニック

ていうか

診察室からお伝えしました!!←同じだろ!!