親譲りの無鉄砲で損をしている息子。お前は夏目漱石か!

ある日、家に帰ったらけん玉が置いてありました。

いやー、懐かしい。

昭和なおもちゃですな。

しかし誰の?こんなレトロなおもちゃ。

聞いてみると、三男(小3)が母親にお願いして買ってもらったとのこと。

なぜにけん玉?と聞くと

三男「来週、クラスで十八番会があるので、けん玉をやることにした」


わたし「十八番会って何?」


三男「得意な事(十八番)をクラスみんなの前で見せるんだよ。だからけん玉を買ってもらった」


わたし「三男くんは、けん玉得意だっけ?」

三男「いや、得意ではない。これから得意になる!」

ということで、得意でもないけん玉を、さも特技のようにでっち上げて猛特訓している三男でした。

 

しかしまぁ、できるかどうか分からないのに、先に「できる」と言ってしまうのは自分と似ているなぁ。

夏目漱石の「坊ちゃん」の冒頭にある、「親譲りの無鉄砲で子供の時から損をしている」を思い出しました。

こんなところ、似なくてもいいのにね。

 

1週間しかないけど、とりあえず頑張れ。三男。

以上、自宅からお伝えしました!!