中学生の職場体験真っ最中!先輩から一言言っておくか

ただいま中学では、地域の職場から協力を得て、職場体験を行っています。
中学生の息子も職場体験を行います。

そこで今回は、将来どんな仕事についた方が良いのか、人生の先輩としてアドバイスしたいと思います。

まずは世のため、人のため

仕事を選ぶ目安ですが、まずは世のため人のために貢献できるかどうかです。
その内容は問いません。
少しでも誰かの役に立てていれば、その職種は問いません。
社会という集団の中で、人は必ず誰かとつながっています。
その誰かの役に立てば、その仕事は素晴らしいものなのです。

その仕事は楽しいかね?

1日の3分の1,人生の2分の1を費やすもの。
それは仕事の時間です。

人生の中でほとんどの時間を、仕事あるいは職場で過ごしています。
そしてその人生は1回きりです。
ならば、楽しみましょう!!

楽しくなければ人生でないですし、人生を楽しむためには仕事を楽しまなくてはならないです。

私たちは、とにかく患者さんが楽になったり楽しいと思えるようになれば、それが喜びです。
つらい事も多いですけど、その分楽しい事もてんこ盛り。
仕事はとにかく楽しまなくてはなりません。

その仕事に感謝できるか?

自分の仕事に感謝、あるいは誇りに思う事ができるか。
これも重要です。

患者さんが元気になるとお礼をして下さいますが、実はお礼をしたいのは私たちの方。
なぜなら、元気になった患者さんと話をすると、私たちまで元気になれます。

私たちも、患者さん達から生かされています。
この仕事に感謝です。
ということで、職業選択の目安についてお話してみました。
以上、職場体験からお伝えしました!!