あなたはガマンという名の鎖(くさり)に縛られていないか

ども、院長です。

サーカスには象さんがいますよね。

大きな巨体でボールを転がしたりおどったりしながら、いろんな芸を披露してくれます。

ゾウってすごく賢く優しいイメージがあります。

でもゾウって、本当はすごくどう猛な動物です。

気性が荒く、ライオンでさえも恐れます。

アフリカでは、一番怖い動物はゾウと言われます。

ゾウに遭遇したら危険という認識が、アフリカでは常識です。

ではなぜ、サーカスのゾウは大人しいのか?

それは、ゾウは小さい時から人間の手で鎖(くさり)につながれ、大人しくするようにしつけられているからです。

サーカスのゾウでも、その気になったら大暴れして逃げ出す事もできます。

人間が手に負える動物ではありません。

サーカスのゾウはなぜ逃げたり抵抗したりしないのか?

それは、「自分は逃げる事ができないのだ」という見えない鎖(くさり)で、自分自身を縛っているからです。

人間もそうです。

「あれはしてはダメ」、「これもしてはダメ」という我慢や禁止事項で、自分自身を縛っているのです。

もちろん我慢せずに、好き勝手やっても良いというわけではありません。

人間の全ての行動には責任を伴います。

自分の行動に責任を持つ事ができれば、もっと自分の好きな事ができるのです。

ちょうどサーカスゾウが、自分の可能性を発揮するかのように。

自分で自分の行動に責任を持ち、自分の可能性を信じ、そして自分の好きな事・やりたい事をやっていきましょう!

以上(なぜか)トヨタカローラ店からお伝えしました!!