コインランドリーで国際親善?

ども、院長です。
ただいま、観光目的で京都におります。
今日は、その宿泊先でのホテルの話。

家族旅行で大変なのは洗濯物。
汚れ物が増えるとかさばってしまい荷物が増えてしまいます。
こういう時は出先で小まめに洗濯すると吉。

幸い宿泊先にランドリールームがあったので、家族が寝静まった夜に家族分の洗濯物を抱え、ひとりランドリーへ。

すると、そこに二人の中年熟女のおばさま方。
やたらワイワイしています。

どうやら中国から来たご婦人達の様子。

私は人見知りする方なのですが、あまりにもコミュ力の高いおばさま達のおかげで、いつの間にかランドリー室で一緒に井戸端会議。

まぁ、たわいもない話題です。
どこから来たとか、この乾燥機は1時間以上使っているが全然乾かない等。
言葉ですか?
私は中国語しゃべれないし、向こうも日本語しゃべれないので、双方カタコト英語。
結構通じますよ。

そうなんです。

京都って、ほとんど外国です。
外国人特にアジア系の観光客が多く、誰が日本人で誰が外国人かわからないです。
それでいちいち相手の国籍を気にしてしゃべるの面倒くさいので、相手が日本人であっても自然に英語で話しかけます。
京都って人が多く混雑していますから、英語しゃべれないと大変です。
たとえば、混雑しているバスで途中下車しようとするとき、「Let me out!(降ろして)」と言わないと、出口をふさいでいる外国人に通じません。

まぁ、そんなこんなで知らない中国人おばさま達と会話を楽しんだ後、ぐっすり寝ました。
ささやかではありますが、貴重な国際交流でした。

以上、京都からお伝えしました!!