英字新聞て、意味わからなくても読むだけで楽しいよ

ども、院長です。
最近ホントにいそがしい。
さて、いそがしくても欠かさずやっている習慣があって、私の場合は英字新聞を詠むこと。
The Japan Newsといって、読売新聞社が発行している英字新聞です。
英語の新聞ですが、主に国内の記事が載っています。
英字新聞読んでいるから英語が得意かというと、そうでもありません。
今でも英語で書かれた論文は読むの時間かかるし、
外国人から声かけられたら、汗を大量にかくほど
交感神経が興奮します。
どちらかというと、英語は苦手な方です。
じゃあ何で英字新聞を読むかというと、おもしろいからです。
何が面白いかというと、読んで意味がわかった時に
全身にしびれが来る、
あの高揚感が好きなのです←違う病気じゃねーのか?
意味が分かりにくい文章でも、前後文章から類推したり、写真をみて想像してみます。
辞書を引いて意味が合っていたら、それはもう so good.
例えば駅伝の記事(画像の左側)の中で
 fourth consecutive victoryのconsecutiveが分からなくても
前の文章に“青山学院”で、“victory”が勝利と分かれば
fourth consecutive victoryは”4連覇“
consecutiveは”続く“という意味なんだなと想像できます。
青山学院は来年1月の箱根駅伝で4連覇を目指していますからね。
日本語の新聞読んでいれば、英字新聞読むことはそう難しくはありません。
こんな感じで、ちょっとずつ自分のレベルアップを
実感できるのが英字新聞の良さ。
1日150円くらいで、コンビニのコーヒー並みの安さで、
知的好奇心が震源地の”しびれ感“を体験できます←神経痛だろ?
皆さまもいかがですか?
以上、業務開始前の診察室からお伝えしました!!