子供にスマホは何が問題なるのか、改めて考えてみる

最近、ほとんどの親が
子供のスマホについて悩んでいます。

スマホばかりするから
「勉強しなくなった。」
「会話が少なくなっている。」
「姿勢が悪くなっている。」
などなど。
親御さん、みんな大変だ。

そこで今日は
子供のスマホについて
一緒に考えてみましょう。

親御さんに聞くと
ほとんどが
子供にスマホはダメと言います。

ではなぜ、
子供にスマホが悪いのでしょうか?

私は一番の問題は

「スマホをしている間、
子供の脳みそが
スマホに抜き取られている」
からだと考えます。

4から5インチの小さな画面を
じっと見つめる我が子。
まるで魂を抜かれているようです。
この表情に我々大人が
危機感を感じているのです。

スマホの中の世界は確かに楽しいです。
自分が選んだYouTubeの番組やサイト、
ゲームをみて楽しんでいるわけです。

しかし子供の脳みそは受け身的です。
本来人間の脳は、
自分で自分を楽しませる力があります。

その力が”想像力”といいます。

しかしスマホで作り出される世界は、
より刺激的で強烈、しかも検索で
簡単に見つけられます。

自分たちの想像力を使わなくても、
脳は楽しめてしまうわけです。
つまり、何も考えなくなってしまうわけです。

そうなんです。

スマホの最大の問題は、
子供を受動的にしてしまう点です。

ではどうするか?

じゃあ、子供からスマホを
取り上げる?
そんな事は非現実でしょう。
ここまで私達の生活に浸透している
スマホを排除するのって無理です。

でも問題点が明らかになれば、
対策は立てられます。

受動的な態度から
能動的な態度に変えていけばよいわけです。

ただスマホのサイトを見て
時間を消費するのではなく、
スマホを使って物事を作り出す、
消費者ではなく生産者になれば良いわけです。

人のブログを読んで
時間つぶすのではなく、
自分でブログを書いて
他の人を楽しませる。

人の作った動画で笑うのではなく、
自分で動画を作り試行錯誤する。

人が作ったルールで
ゲームするのではなく、
自分のルールでゲームを作る。

このように能動的にスマホを使えば、
消費者から生産者に変わるわけです。

ただ、いきなり子供に
ブログ書け、動画作れといっても
そりゃ無理です。

じゃあ我が家はどうしているかというと
子供がスマホ見ていたら
何を見ているか声かけして
その内容や感想を聞いています。

例えば、次男(中2男子)が
サッカー動画を見ていたら

「何の動画見てるの?」と聞いて

「バイエルンのハメス、調子良いけど
W杯で対戦する日本、大丈夫かね?」
と次男に意見を求めます。

そこで次男の意見を聞きます。
正解・不正解はこの際関係なし。
あくまで次男のオリジナルを
求めます。

実は次男の大学入試では
知識よりもオリジナルを
求める問題が増えます。
スマホを存在悪とはせず
どうやれば共存できるか
利用できるか
日々模索しています。

ぜひ子供達のオリジナルを引き出し
消費者から生産者へ導きましょう!!

以上、実はスマホ使用を巡り
子供とバトルしている
我が家からお伝えしました!!←苦戦しているのかよ