人生に迷った時にオススメの本ありますか?と聞かれたら、私は真っ先に古典をオススメする

ども、院長です。


世の中不安定です。 

東日本大震災以降、世の中いろんな事が起きています。 

「これから私たちはどうあるべきか」 

問われる時代でもあります。 


価値基準が揺らぎやすく、方向が決めにくい現代。 


私たちのこころは、どことなく不安になります。 


なぜ不安な気持ちになるのでしょうか。 

不安になる原因のほとんどが、 自分がどの方向に進むべきか定まらないからです。 


こころを落ち着かせるためには、 こころの方向を定める必要があります。 

休職中の方はまさにそう。

仕事を続けるべきか辞めるべきか、お悩みだと思います。


方向決めの土台はいろいろあります。 

そこでお勧めしたいのが、古典を読む事です。


古典は先人たちの知恵が詰まった宝庫です。 

その古典を紐解くことで、自分が進むべき方向が見えてきます。 


最近、中学の時に学んだ論語を読み返しています。 

私が通っていた中学校では、なぜかアイルランド出身の牧師が論語を教えていましたなんでよ


でもすごくわかりやすい授業で、今でも授業内容を覚えています。 

おかげで当時の記憶が残っており、 それがとっかかりとなって論語を読めています。 


30年ぶりに読む論語は新鮮で、 当時気にしていなかったメッセージが、 今ではすごくぴったりフィットする時もありました。 


古典を学ぶことは、自分の中で源泉をつくることです。 

その源泉から流れる水(知恵)が道しるべとなって、 よりよい方向へ導いてくれます。


ぜひ古典、特に論語。

おひとついかがですか?


以上、子曰(いわ)くの論語からお伝えしました!