疲れている時こそ体を動かしましょう!

「日曜日寝だめしたはずなのに、どうして月曜日がつらいんだ」

あちこちでこのような
言葉が聞こえそうです。
ただ実はこの寝だめなるもの、
疲れを取ろうとするなら逆効果です。

寝だめ、つまり寝ている時間が長いと血の巡りが悪くなり、身体に老廃物質がたまりやすくなります。
これが身体が重たく感じる原因。

また気力ももっさりしがちとなり、東洋医学でいう気うつの状態になります。
身体を動かして気を巡らせば、疲れはとれやすくなります。

そのためには、まずは身体をほぐすこと。
仕事やストレスにさらされると、身体は身を守るためにぎゅっと緊張して固まっています。まず身体を伸ばして筋肉を緩めましょう。
ストレッチとか最高ですよね。

続いて身体を動かしましょう。
運動の習慣ない方は、買い物がてらにウォーキングとかどうですか?
何もやらないよりずっとマシです。
もちろん院長一押しのメガダンスもいいですよ←ここで自分の趣味差し込むか?

ということで、休日は寝だめしてはなりませぬ。
身体を動かそうよという話でした。

以上、月曜日の診察室からお伝えしました!!