眠れない時にアルコールって、ホント止めといた方がよいよ

いまの医学に”絶対”という言葉はないけど

これだけは言えるのがあります。

それは

眠れないときにアルコールは

絶対やめといた方がよい

ということです。

睡眠は脳の疲れをとる大事な作業。

脳は自分で自分を休ませて

回復させる機能がありますから

アルコールとか余計なものはいりません。

晩酌というのがあるけど

アルコールは脳をマヒさせるだけだから

本当に脳の疲れがとれているかどうが疑問。

晩酌が脳の疲労を回復させるというエビデンス

無いです。

そもそもアルコールって

古来、神事を行うときに

日常のテンションでは

やっていられないから

作り出されたツール。

パーリーピーポーじゃあるまいし

日常にアルコールはいらないです。

ましてや不眠症やうつ病で眠れない方、

眠剤や安定剤を使っている方は

アルコールは百害あって一利なし。

今すぐやめましょう。

それだけでも眠れるようになるはず。

アルコールは

”健康なときに”

”適度に”

”場をわきまえて”

用いるものです。

不眠のためのツールではありませんので

あしからず。

以上、診察室からお伝えしました!