日本精神神経学会は精神科医の”フェスタ”!!

キターーーーッ
(((o(*゚▽゚*)o)))
来月6月21日、22日に行われる
第114回日本精神神経学会の
公式プログラム集が届きました!
わーいわーい。
さっそくプログラム集を開き
2日間の日程をチェック。
日本中の精神科医1万人が集まる
大きなイベントなので
発表内容も大いに盛り上がります。
学会の魅力の1つは
「ちょっと先の
精神科医療が見える」
ということです。

最先端の研究発表は
やがて訪れる未来の
医療について教えてくれます。
未来がのぞけるイベントって
すごくない?
私がイメージする精神科医療は
「AIが診断し
治療はカウンセリングと
運動療法が中心になる。」
という未来。
その未来が正しいかどうか
ヒントになるセッションは・・・
あった!!
AIも運動療法も
カウンセリングも
テーマになっている。
しかもシンポジウムレベル!
すげー、今回の学会。
てな具合で
まだ学会まで1ヶ月もあるけど
毎日プログラム集をながめながら
ひとりニヤニヤしています。
←こわ
脳内トリップしています。
楽しいなー。
学会って、わたし的には
フェスタと同類項です。
以上、学会プログラムを見ながら
脳内で作り上げている
バーチャル学会からお伝えしました!