人間関係でお悩みの方への処方せん

ストレスの中で
最大にして最強の原因
”人間関係”。

職場、学校、家庭や地域。
人が2人以上になれば
そこには人間関係の問題が
表れてきます。

「上司の言うことが納得できない」
「同僚と意見が合わない」
「私の考えが受け入れてもらえない」

こういうお悩み、どうすればよいでしょうか?

人間関係でお悩みの方への処方せん
それは

「みんな違って、みんないい」

です。

人間関係の問題って
つきつめると
違う価値観同士の
衝突なんですよね。

10人ひとがいれば、10通りの考え方があります。
そもそも自分と他人の意見が
違っているのは当たり前なのです。
ただし、
どちらが正しいかを決めようとすると、
不毛な争いになってしまいます。
相手を変えるのって至難の業です。
それって時間やエネルギーのムダ
です、やめましょう。はい。

そうではなく、
相手の言い分も認めつつ
自分の考えも大切にする。

話し合いの中で
お互いのずれを見つけて
妥協できそうな所を探っていく。
これが成熟した大人のやり方。

自分の意見を押し通すって
逆に格好悪いです。

そもそも人間社会って
雑多な集まりだから
みんな違ってみんな良いんです。

そう考えれば
相手と争う必要もないし
自分が我慢する必要もない。

なんてステキな言葉なんでしょう

「みんな違ってみんないい」

小学校でよく聞くアドバイスだけど、
大人の人間関係をスパッと
解決することばの処方せんです。
ぜひお使い下さい。

以上、診察室からお伝えしました!!