誰にも教えたくない!心療内科の私がこっそりやってるストレス解消法

心療内科を
生業(なりわい)としています。
ストレスでお悩みの方を
応援しておりますが、
そんな私ももちろん
ストレスにさらされます。
ときに落ち込んだりもします。

私の場合、ジスタスで
メガダンスをやれば
ストレスの9割は解消できます。

でもたまに、メガダンスやっても
うまく解消できない時もあります。

そんな時は、アイロンがけをしながら、
昭和のムード歌謡や演歌を
口ずさんでいます。

大の男が家事をしながら
演歌に酔いしれる。
この悲壮感がたまりません。

音楽療法には”同質性の法則”という
基本原則があります。

どういう事かというと、
落ち込んでいる時は落ち込むような曲
元気な時には元気な曲
というように
音楽はあくまでも、
その時の気分に合わせるのが原則です。

音楽は外からの刺激なので、
自分の気持ちの波長と合わないと
雑音しかなりません。

落ち込んでいる時に、
激しいロックを聞いても
元気になれないのは、
気持ちの波長とあっていないからです。

なので、落ち込んでいる時は
思いっきり落ち込むような
静かな曲を聴きましょう!!

私の定番は
アイロンがけしながら

河島英五の時代遅れ
→かぐや姫の神田川
→八代亜紀の舟歌
→吉幾三の雪国
→島倉千代子の人生いろいろ

と、こんな感じで
ステップアップ(?)していきます。
最後の島倉千代子あたりになると、
もうテンション戻っています。

ということで

落ち込んでいる時は
無理に元気になろうとせず、
むしろその気持ちを大事にしながら、
音楽に身を任せましょう。
必ず自分を取り戻せますよ!!

以上、家事分担が鉄の掟(おきて)の
我が家からお伝えしました!!!

人生ぃいろいろぉぉ~♪