メンタルヘルスで最高の対策、それは”趣味をもつ”こと

みなさん、趣味をお持ちですか!?

メンタルヘルスの不調にならないために、日々いろんな取り組みがされています。

確かにマインドフルネスや認知行動療法などは有効です。

でももっと大事な事があります。
それは

趣味を持つこと!

趣味を持つ大切さを、予防医学の観点からお話しましょう。

予防医学って何?

予防医学とは、病気や障害などを前もって防ぐことです。
大きく3つでできています。

①一次予防・・・病気にならない
②二次予防・・・早期発見・早期治療
③三時予防・・・再発予防

趣味が予防にどれだけ役立つかお話します。

一次予防・・・病気にならないための趣味

特にメンタルヘルスでは、趣味を持っていると病気になりにくいです。

趣味に夢中になることで、集中力が作れます。
趣味を行うことでストレス発散になります。
また趣味のために仕事を頑張るといった、モチベーションの1つとしても働きます。

こんな感じで、趣味は一次予防、病気にならないための手段としてとても役立ちます。

二次予防…早期発見・早期治療のための趣味

二次予防、すなわち早期発見・早期治療にも趣味は役立ちます。

何の病気でもそうですが、病気は早めに見つけて早く対処することが肝心。
しかしそもそも、不調の気づきがないといけません。

趣味をしていれば、不調の変化に気づきやすいです。

「あんなに好きだった野球が、最近はちっともおもしろくない」

となれば、何らかの異変を感じますよね。
この変化を感じ取りやすいのが趣味なのです。

自分自身の調子の目安として、趣味はホント役立ちます。

三次予防・・・再発防止のための趣味

病気をいったん治し、また病気をぶり返さない三次予防のためにも趣味は大切です。

メンタルヘルスではストレスが関係するので、治っても油断は禁物。
ぶり返しに注意しなければなりません。
なぜなら、再発のきっかけになる”ストレス”をゼロにすることは不可能だからです。

そのためにも趣味を持ちましょう。

仕事や生活を続けていくために、病気に左右されないようぶれずに生きていくためには、人生の軸が必要です。

趣味は人生の軸になりえます。

どんなにツラくても、趣味の〇〇〇をやれば、わたしのこころは大丈夫だ。

そういう趣味を持ちたいですね。

私ですか?私はもちろん
ジスタスでメガダンス!!!
最近はファイドーなる、格闘技系プログラムにもハマっています。
実は料理も始めてますし(キャラ弁じゃないよ)、ブログを書くのも大好きです。

忙しくて、夜は8時間しか寝ていません。
でも楽しいですよー。

以上、診察室からお伝えしました!!