診断で最も大事な情報は、年齢と性別!

診療で最も大事な情報は”年齢と性別”です!

病気を診断するときは情報検索と同じで、キーワードがあればあるほど精度が高まります。
その中で大切なキーワードが、年齢と性別なのです。

分析するためには、情報の切り捨てが必要!
まず性別で分けます!
次に年齢を加えると人物像がイメージできます!

たとえば、
20代女性の腹痛と、
70代男性の腹痛では、
診断のアタリがまるで違ってきます

(前者は妊娠の可能性、
後者は悪性物の可能性もあり)。

特に電話や相談の場合、必ず先に年齢と性別を伝えて下さいね!

以上、診察室からお伝えしました!!!