広がる動画の可能性

こんにちは、とくだです。
ひさしぶりのブログ更新です。
雑記なので、適当に読み流して下さい。

クリニックのホームページと院長個人ブログを切り離し、現在は個人ブログとYouTubeチャンネルで動画作りに励んでいます。
いま、診療と家事、ジム活以外は全て動画作り取り組んでいます。

なぜ動画か?

インターネットの登場で情報過多となったこの時代。
大事な事は、いかに情報を相手に届けるかです。
情報があふれかえっているこの世界では、必要な情報を得たり伝えたりすることは困難です。

私たち医療職も、ある意味情報発信者です。
医療と健康という、必要かつ正しい知識を生活に伝えねばなりません。
しかしいくら情報が正しく有益であっても、伝わらなければ意味がありません

そのためにはどうするか。

私は動画に注目しました。

人間には五感(見る・聞く・嗅ぐ・触れる・味わう)があります。
そして人間が受け取る情報の8割が視覚、1割が聴覚からです。
視覚と聴覚を同時にとらえる手段、それが動画です。
テキスト文字または画像は、視覚しかとらえられません。
音声では聴覚しかとらえられません。
テキスト・画像・音声全てが入っており、かつ人間の五感の9割近くに届くことができる方法、それが動画なのです。

または動画ならば、人間にとってもっとも貴重な資産である、時間に関わる事ができます。
3分の動画でも、相手の貴重な3分の時間に関われます。
この3分の間に、伝えたい事を伝えられるのです。

なので私は、動画に大きな可能性を感じています。
本業は忙しいのですが、時間をやりくりして、メンタルヘルスに関する良質な動画を提供していきます。

よーし、がんばるぞー

以上、スタバからお伝えしました!